松の下屋 / MATSUNOSHITA-YA

松の下屋と庭園は、伏見稲荷大社神楽殿の直ぐ南側に位置し、面積は約800坪。門をくぐると左手に重要文化財のお茶屋があり、正面奥が玄関である。旧当社秦姓祠官松本家の旧居宅跡で、大正年間の建物である。

東斜面に拡がる庭園も同時期に造られたもので、もともと稲荷山三ヶ峰を借景としたものであった。乾(北西)に重要文化財のお茶屋を、巽(東南)に茶室瑞芳軒を配した回遊式庭園で、松の下屋の座敷から見ると、すぐ前に池が横たわり、その向こうに庭園が、その右奥に瑞芳軒が望まれる。東にせり上がった庭園は一面豊かな苔で覆われ、お茶屋は左手にあたる。

お茶屋と瑞芳軒をつなぐ小径にはほどよく自然石が敷かれ、馬酔木・つつじ・楓・南天・槇・松等が植え込まれて、四季折々に趣きを変え、鑑賞者の目を楽しませる。

_A633145.jpg
 
 

呈茶所 / tea service

ご用意させて頂くお茶は、2011年の御鎮座千三百年遷座祭の献上茶として御拝命頂いた宇治抹茶『千寿』。
数々の品評会受賞歴を持つ宇治白川の辻喜代治氏生産の厳選茶葉を、椿堂茶舗が謹製した献上抹茶です。

国内外から多くの参拝者を迎える賑々しい参道とは違った静寂の空間でゆっくりとお寛ぎください

※申し訳ございませんが、小さなお子様をお連れのお客様は ご遠慮いただいております

 【 開所日 】土・日・祝日 
 【 時間 】10:00〜16:00
 【 料金 】1,200円(上生菓子付き・税込)
 【 お問い合わせ 】椿堂茶舗(075-644-1231)

  2017年12月24日をもちまして閉所させていただきました。 多くのご来場を賜り皆様には深く感謝申し上げます。

_DSC0291.jpg
 
 

Location

京都随一の観光名所「伏見稲荷大社」内にありながら、喧騒を離れた寛げるお茶どころにどうぞお立ち寄りください。

 呈茶処の庭続きの敷地内には静謐な佇まいをとどめる茶室もございます。

呈茶処の庭続きの敷地内には静謐な佇まいをとどめる茶室もございます。

_A633172.jpg
_A633146.jpg
_A633581.jpg
 

松の下屋(まつのしたや)

京都市伏見区深草藪之内町68
075-641-7331

JR 稲荷駅下車すぐ
市バス 稲荷大社前下車 徒歩7分
京阪電車 伏見稲荷駅下車 徒歩5分